働くのが嫌いな自営業者のセミリタイア日記

55歳までに1億1260万円以上準備してリタイアするために試行錯誤する男の実践記録です

FIREって知っていますか?

どうも!自由人です。

↓ 更新の励みになりますので,ポチっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

少し前になりますがFIRE(finacial independence retire earlyの略)というものが,アメリカの20~30代の若者の間で注目を浴びているという記事がありました。

www.gizmodo.jp

簡単に言ってしまえば,可能な限り早く資産形成をして,経済的独立を達成して,仕事を辞めてしまいましょうというものです。

私がこの言葉を初めて知ったのは九条さんという方のブログの記事でした。

kuzyo.hatenablog.com

しかし,そもそも経済的独立を早期に達成して仕事を辞めてしまうという考えがアメリカ人の間での憧れだというような内容を初めて目にしたのは橘玲さんの著作でした。

私は橘さんの著作で経済的独立というものを強く意識し,積極的な資産運用を手掛けるようになったために特に目新しいという感じはありませんでした。

しかし,今回の記事で目新しいのは,「経済的な独立を20~30代で達成してしまおう」というところでしょうか。

私自身が経済的な独立を目指し始めたのは30代の前半。1億2000万円というゴールを設定し,その達成時期として定めたのは55歳でした。

結局,1億2000万円は達成できましたが,55歳は待ちきれなくて44歳で完全リタイアではなくてセミリタイアを始めてしまいました。

(私の今の状況(週休3日で今後も休みを増やしていく予定)をセミリタイアと呼んでいいかどうかは見解の分かれるところだとは思いますが)

それと比べると,さすが本場のアメリカはそういう考え方が若年層にまで広がっているのだなぁ,と思いましたが,よくよく記事を読んでみると「30歳以下の3分の2は老後の蓄えゼロで一部だけのムーブメント」と書いてありました。

やはり,日本もアメリカもアーリーリタイアやセミリタイアに憧れはあるものの実行に移せるのは少数であることに変わりはないようです。

しかし,この記事で一番ずっこけたのは,このFIREブームの火付け役の人は,それをブログの題材にして,年収4500万円稼いでいるということです。

https://4.bp.blogspot.com/-HPauM3a2mr4/VyNdcwbm48I/AAAAAAAA6Ns/aTdP7f4wohMQNz6ZQk8lDPxypmp5OPbhACLcB/s400/nihil_smile_man.png

うーん,この方は6000万円ちょい貯めてアーリーリタイアしたそうですが,もはやその金額に意味はほとんど無いですね。

最初から狙ったわけじゃないと思いますが,それを聞いてマネする人は多いでしょうね。

自分にもそんな才能があればと思いますが,無い物ねだりするよりも今の自分が持っている条件に感謝したいと思います。

みなさんはFIREしたいですか?