働くのが嫌いな自営業者のセミリタイア日記

55歳までに1億1260万円以上準備してリタイアするために試行錯誤する男の実践記録です

幸福感って感じてますか?

どうも!自由人です。

先日は,セミリタイアの大きな動機である労働嫌いについて書きましたが,今回は幸福について考えてみたいと思います。

ある程度の金融資産が貯まって,家や車や時計など欲しいものもひととおり揃い,旅行も1週間から10日間程度なら好きな時に好きな場所に行ける,そのような状態に至っても何か満たされない・・・このいわゆる不全感のようなものってなんでしょうかね?

物質的・経済的には満たされているはずなのに,幸せを感じる事ができない。こういう感じって他の人も感じているんだろうか?

そんなに多くの人に尋ねたわけではありませんが,ごく身近な何でも話せる友達とかに聞いてみてもあまりピンと来ないようです。

自分の目指したい理想の状態・・・例えば,お金の心配も無く労働もしなくていい,子供も優秀で将来への不安も無い,良き友達に恵まれ,好きな趣味に没頭する毎日・・・そんな状態を達成することが出来たなら幸福を感じる事が出来るのだろうか?

そんなことをぼんやりと考えていました。

そんなある時にNHKのBSのドキュメンタリーでドイツの哲学者であるマルクス・ガブリエルという人が日本に来ていて,夜の町中で中年の男性に

「どうやったら幸せになれるんですか?」という問いに対して

「自分の今いるところとは別のところに幸せがあるという考えを持っている限り幸せにはなれない」(だいたいこんな感じ)と語っていました。

これを見て私は

「なるほど。今の状態から自分が理想とする状態になれば幸せになれると考えるから,理想の状態になれていない今の自分を不幸に感じてしまうということかな」と考えました。

考えてみれば理想の自分と言ってもキリがありません。常により良い自分を求めることは成長を生み,生きる張り合いのようなものを生む半面,どこまでやれば良いのか,どこまで頑張れば良いのかという無限のループに嵌ってしまいます。

「もうここらで良かろう」

https://2.bp.blogspot.com/-Re33qqlAZQA/W3abdHNDcmI/AAAAAAABOBk/AeGvRNPmRsIxsk7nS1h_pQiCtF84cyQOACLcBGAs/s180-c/lucky_yotsuba_clover_boy.png

そう考えてセミリタイアへと一歩を踏み出すきっかけになりました。

みなさんは幸福感を感じられていますか?

 ↓ 更新の励みになりますので,ポチっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村