働くのが嫌いな自営業者のセミリタイア日記

55歳までに1億1260万円以上準備してリタイアするために試行錯誤する男の実践記録です

なぜこんなに労働が嫌いなのか?

どうも!自由人です。

セミリタイアにより休みを増やし始めたばかりですが,予想通りと言ってはなんですが,仕事が溜まりまくってますw

先日も2件ほど「仕事が遅い」とのお叱りを頂きましたが,各方面からのプレッシャーに負けないように今後ものんびり仕事をして行きたいと思います。

今日は,アーリー(セミ)リタイアを目指し始めた大きな動機である「労働(仕事)嫌い」について考えてみたいと思います。

よく他のリタイア系ブログを見ると,圧倒的に多いのはサラリーマンの方が会社組織で働く事を嫌がって,そこからの逃避を図るためにリタイアを目指すという構図が多いですね。

これは非常によく分かります。嫌や上司に嫌な取引先,労働時間も自由に決められず,仕事の内容すら会社の決めたことに従わないといけない。

一言で言うと「自由が無い」これに尽きるのではないでしょうか?

https://2.bp.blogspot.com/-JRFdqfq7Yu8/V0QnlWK49LI/AAAAAAAA68k/mkTe1i7d958QXRPiQ4LwgIzzEP3DKXDbACLcB/s180-c/pose_unzari_man.png

私は自営業者なので,ある程度の裁量はあります。

例えばどのような仕事を受けるか,どの日を休みにするか,業界の集まりに参加するかしないか,場合によっては自分の意志よりも他人を優先しなければならない時もありますが,まぁサラリーマンの方よりは圧倒的に自由でしょう。

では,なんでそこそこ自由なはずの私がリタイアを目指したのか?

一つにはより大きな自由を得たい!という気持ちがありました。やはり家族がいますので最低限の衣食住を保障しないといけませんし,子供の教育費などにもお金がかかります。そのためにある程度の収入を得るために仕事をせざるを得ない。そこから逃れるためには「経済的な独立」を目指すしかないという発想です。

世の中の多くのリタイア系ブログは上記のような理由が多いと思います。

しかし私の場合はもう一つの理由,「労働(仕事)が嫌いである」の方が大きいと考えています。

とにかく仕事をしているとイライラ,ピリピリ,ムカムカが止まらないんです。他の同業者やサラリーマンの友人に尋ねてみると,ある程度同じ感情を持っている人もいますが,仕事をすること自体(人間関係とかではなくて)にそこまで嫌悪感を持っている人は少数派なのかなと感じています。

でもこればかりはどうしようもありません。同じ仕事に対して他の人が10段階で3くらいのストレスや嫌悪感しか感じないとしても,自分は8や9に感じてしまう。

人から「そんなこと大したことないし,よくあることだよ」と言われても,自分はどうしても我慢できない。

結局,自分がどのような事に対してネガティブな感情を抱くかなどということは,自分にしか分からない。ならば自分で嫌な感情を抱くものは自らの意思で自分の人生から排除していくしかない。

そういう結論に至って可能な限り仕事(労働)をしなくてよいようにと経済的な自由を目指すようになりました。

でも,結局その経済的な自由を目指すために大嫌いな労働をしないといけないという矛盾に陥るんですよね。

出来れば,私のように「~したくないから」ではなく「~したいから」リタイアを目指すという方が健全かと思いますが,人間は弱いもので積極的な理由よりも消極的な理由によって突き動かされることも多いと思います。

あなたのリタイアしたい理由って何ですか?

 

 ↓ 更新の励みになりますので,ポチっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村